フリマアプリでお小遣い稼ぎ!取引実績500以上の私がメルカリからモバオクに替えてみた理由。

フリマアプリ
この記事は約11分で読めます。

みなさん、フリマアプリでお小遣い稼ぎしていますか?

こんにちは!お得大好き主婦ぺちゃです。

今日は、モバオク始めました!という記事です。

スポンサーリンク

フリマアプリで10万円の副収入

今までフリマアプリで色んなものを出品して、トータルすると10万円以上はお小遣いをゲットしました。

家にあったいらないものや、子供のサイズアウトした服など。
ちょうど実家がリフォームするにあたり断捨離をしていたので、お金になりそうなものを引き取っては出品していました。(母のレトロな古着も、おしゃれ上級者さんがいっぱい買ってくださいました。)

いただきものでさえ容赦なく出品する私。
いいんです。
プレゼントというのは、やりとりをした時点で完結している行動なんです。(←持論)

「モノも感情も、受け取った側がどう扱うかは、相手側の問題」
そう思うようになってから、随分生き方がラクになりました。

さて、フリマアプリ。

味を占めていくうちに新たな欲求が生まれてきました。
「安く買って、高く売って儲けたい」
つまりセドリですね。

Amazonなどを使った本格的なセドリをする覚悟はありませんでしたが、近所の量販店で見つけた掘り出し物に、プラスαの価格をつけて出品したら、数百円でも利益になるんじゃない?

考えるとワクワクして、私のプチセドリ生活が始まりました。

誰かの役に立つ商品

誰かの役に立つ商品を売れば、目にとめてもらえる機会が増えるのでは?と考えました。

アフィリエイト記事と同じかもしれませんね。読んだ人が知りたい情報が詰まっている記事には、アクセス数が集中します。

サンキメガドンキしまむらなどのリーズナブルなお店で、さらにワゴンセールを狙ってフリマに出品するようになりました。

送料を抑えたかったので、クリックポストで送れるA4サイズで厚さ3センチ以内に圧縮できるものばかりを探しました。

ある日、3L以上の衣料品が破格の値段で在庫処分してあるお店を見つけました。
ためしに出品してみるとあれよあれよと「いいね」がついて、出品したその日のうちに完売してしまいました。

慌てて同じお店に出向き、同様の服を買い占め。
なんとなく後ろめたい気がして、「遠方の友人たちに頼まれていて・・・」と、聞かれていないのにレジのお姉さんに言い訳までしていました。

買い足した大きいサイズの衣料品もあっというまに完売。
「そっか!欲しい人がいっぱいるんだ!」
それから私はレディースの大きいサイズに絞って、セドリを行うようになりました。

接客経験がフリマに活きる

接客を一度でもお仕事として経験したことある方は、フリマアプリのやり取りに有利でしょう。

フリマアプリをやってみて一番驚いたことは、出品者側の要求があまりにも多いこと。

たしかに身勝手な購入者も多くいるので、注意書きを並べたくなる気持ちもわかりますが、実際に店をやっていたらお客さんには言わない言葉だらけです。

「即購入禁止」「いいねだけお断り」など。

・質問をしてくれただけでも感謝する。
・購入してくれたら、なるべく24時間以内に出荷する。
・良い評価以外も真摯に受け止めて、次につなげる。

接客業で学んできたことを当たり前に実践しているだけで、悪い評価がつくことは一度もなく、約一年半の取引で500件以上の良い評価をいただきました。

欲を抑えて利益を得る

最初はセドリで得る一回の取引の純利益は、100円ほどでした。

ある程度売れる相場がわかった現在でも、500円程度の利益にとどめています。
「誰かのためになるものを売る」という理念を守っていたいからです。

少額の利益を積み重ねることは、作業量に対して見合わないとも思います。実際に本業を持ちながらの人にはムリでしょう。

ただ私は仕入れの買い出しに行ったり、ちまちまとした作業が好きです。
在宅ワークで家に閉じこもっている身なので、セドリの一連の作業が息抜きなのかもしれません。

できるだけ低価格で出品することで、競合者よりも回転良くさばくことができます。
ある程度軌道に乗ったら、在庫として残っている商品の仕入れ総額が、これまでの純利益総額を上回らないように意識していくことが大切です。

私は家計簿アプリを利用して、損益が一目で分かるように管理しています。品目を自由にカスタマイズできる家計簿アプリがおすすめです。

仕入れ額・梱包資材・送料→出ていったお金
売上(マージンを引いた額)→入ってきたお金
を入力さえすれば、自動で現在の黒字額を把握することができます。

黒字の範囲内で次の仕入れをしたら、一生マイナスにはなりません。

★おすすめ家計簿アプリ★

https://itunes.apple.com/jp/app/家計簿-monelyze-シンプルな家計簿アプリ/id1159345509

メルカリが頭打ち

最近、順調だったメルカリの売り上げが鈍ってきました。

ブログやランサーズの仕事に忙しく、ほったらかしだったこともあります。(以前は再出品をこまめにやっていました。平日の朝の8時台、お昼の12時台に再出品すると、特に完売率が高まります。)

それでも半年前に比べて、同じ商品でもウォッチ数が半減しているのが顕著です。
それだけ競合が増えたのか?それとも購入者のメルカリ離れが進んでいるのか?(第1に私の見せ方に魅力がなくなったことは否めませんが・・・)

メルカリ以外にも色々なフリマアプリに参加してきました。

ヤフオク・旧フリル・ラクマ・オタマート・ショッピーズ・ミンネetc

よく売れた順番は、

1位 メルカリ
2位 ラクマ
です。

これはもうダントツです。

販売手数料を差し引いても、メルカリの方が圧倒的に儲かりました。

購入者とのやり取りがあっさりしていてやりやすかったのは、ヤフオクですね。
メルカリは暗黙のルールや、過度に良識を求めるスタイルが定着していて、なんのためのフリマアプリなのか?という本質から遠ざかっている気がします。

実はメルカリには他にも使いづらさを感じています。利用者が増え過ぎたゆえの改悪です。
AI機能の向上で、何度か出品した商品が削除されたり、連続で出品すると最新出品順の上位に表示されなくなる現象です。(一時期商品説明のコピペ機能も使えなくなったことがありましたが、今では元に戻っています。)

断言できますが、私はメルカリの規約に違反するものを出品したことはありません。ただ、そのように判断されてもやむを得ない状態で出品したために、AIのふるいにかけられてしまったのです。

AIのお節介といえば、アップした写真で勝手にブランド判定されて、ノーブランドの商品にブランド名がついて出品してしまったこともあります。

出品前によく見返せば防げるミスなのですが、危うく詐欺出品をするところでした。以来、出品前に勝手にブランド判定されていないか注意深くチェックするという余計な手間が増えています。

そろそろ誰か新しいフリマアプリを開発してくれないかな?もっとシンプルで、手数料が安くて、メルカリに疲れてきた人たちが集まるようなフリマアプリを!
と他力本願したところで新規参入を待つのは現実的ではないので、既存のフリマアプリでチャレンジしたことのないサイトを選ぶことにしました。

それがモバオクです。

モバオクを始めてみた!

モバオクはケータイの頃からネットオークションを始めていた老舗のサイトです。今ではスマホアプリもあり、即決価格を設けるフリマ的な使い方もできるサイトになっています。

できるだけ高値で買ってもらうよりも、自分が設定した価格で早く売り切れることを目的としている私でも参入できそうです。
名前は聞いたことがありましたが、なぜか足を踏み入れてこなかったサイトの一つでした。

改めて調べてみると、なかなか使い勝手が良さそうなサイトです。

ユーザー数はメルカリに比べれば少ないものの、熱狂的なファンも多く、「なんだかんだやっぱりモバオクいいわ!」と老舗を見直すユーザーが増えてきています。

モバオクの最大の魅力は、出品者側が有利になっているスタイルです。

・送料は出品者負担ではないと買い手がつきにくい。
・ちょっとしたことで購入者からマイナス評価をつけられやすい。
・とりあえず値下げ交渉してくる人が多い。

と、購入者の機嫌を損なわないように取引を進めなくてはいけないメルカリに対してモバオクは、

・送料は購入者負担が多い。
・基本的にオークションなので、1円でも高く買ってくれる人が有利。
・出品者から販売手数料がとられない。

という特徴があるのです。

なかなか良さげですね。

月額利用料は、330円かかります。一回でも取引があれば元をとれる金額です。
しかも料金を振り込む際にかかる手数料(選択する方法によって料金が変わります)は、購入者側の負担で、月額料金以外に引かれる出品者側の負担は一切ないのです!

なんということでしょう。今までこんな条件の良いサイトを見逃していたなんて・・・。
ただし売れるかどうかはまた別な問題で。

出品と同時にウォッチ数がグングン上がるメルカリに慣れている身にとっては、モバオクの閲覧数はいかがなものか?という懸念はあります。

いざモバオクに登録してみた

考えるよりやれ。

これが私の座右の銘でもあります。

どうせ初月が無料なら、飛び込んで試してみるのが一番です。

会員登録画面です。

メールマガジン不要の人は、ここでチェックを外しておいてください。

個人情報の入力。

支払い方法の選択画面です。ご丁寧に無料期間が終わる日にちが大きく表示されています。このタイミングでしか表示されないので、しっかりスクショしておきましょう。

各種キャリア決済もできるようです。

クレジットカード決済だとすると、

カード情報を入力して、

登録完了です。

「お支払いが完了しました。」という表記には少しビックリしました。おそらく無料キャンペーン対象ではない決済方法を選択した人にも、共通の文言になっているだけなのだと思います。

届いたメールのURLから入ると、入会時に登録したパスワードと生年月日の入力画面が。

送信した時点で、無事モバオクへの会員登録は終了です。とっても簡単。

モバオクとメルカリの出品入力画面の違い

基本的な流れはどのフリマアプリもだいたい同じですが、入力の決まりには若干の差があります。

こちらがモバオクの出品画面です。

写真は5枚まで載せられて、書き込みなどの加工もできます。(メルカリは最近10枚まで写真を載せられるようになりましたね。)

モバオクとメルカリの大きな違いは、

□モバオクは、出品した後に入力内容を訂正できない。付け加えたい情報があれば、オークション管理画面から商品説明に追記する。(ヤフオク方式)どうしても訂正したい箇所がある場合は、入札者が入る前に出品を取り消して、出品し直すこと。(入札者が出た後の出品取り消しはペナルティになります)

□オークションにするか、フリマ形式にするか選べる。「即決価格のみで出品する」を選択すると、希望する価格で購入してくれる人を待つことができます。その人に落札してもらえた時点で終了です。

□送料は購入者負担でも全然OK。オークションサイトでは多いですね。送料を抜いて、できるだけ安い価格をアピールします。(メルカリでも送料別で出品できますが、選択肢から外されてしまうか、執拗な値下げ交渉を迫られます。)

□出品期間に制限がある。オークションサイトだとよくあることです。オークションにした場合は最長で7日間、即決価格のみの出品だと3日間がタイムリミットになります。

□出荷までの日数を明記しなくてもよい。購入されてから1週間以内に届くように出荷するのが基本ですが、メルカリのようにあえて出荷日を約束するような選択肢はありません。

ざっと挙げるとこんな感じでしょうか。

メルカリよりも購入者とのあっさりとしたらやり取りが期待できて、ヤフオクよりは素人も入りやすい。初見ではそのように感じました。

商品カテゴリーもかなり細分化できて、変更がしやすかったです。ブランドが勝手にAI判定されちゃうこともありませんよ  笑。

モバオクとメルカリのウォッチ数の違い

5つほど試しにモバオクに出品して、どのくらいの反応があるのか観察してみました。

ウォッチ数は、メルカリ50に対してモバオク1といった感じです。

ただし曜日や時間、人気商品の傾向にも当然差があるので、一概に優劣を判断はできません。もう少し様子を見て、結果を改めてご報告します。

さすが出品者もメルカリに比べて少ないですね。
新着順で検索すると、あっというまにメルカリでは埋もれてしまうのに、モバオクは数時間たっても、自分が出品したものが上位表示のままです。(メルカリは自動出品ツールで量販している人も多いですからね)

同じカテゴリーのライバルが少ないということは、ウォッチ数に関係なくチャンスかもしれません。

モバオクは売上金がその都度入金される!

モバオクでは売れた商品のお金が、その都度指定した金融口座に振り込まれるんです。しかも手数料無料で!

すごくないですか?

メルカリやフリマでは、振り込み手数料が無料になる楽天口座を使っていましたが、それでも売上金が1万円以上になるのを待たないと無料にはなりません。

その点、モバオクはどの金融口座でも、いくらからでも、一連のやり取りが終了したら無料で振り込んでくれます。
これが私にはもう一つの決め手になりました。

本当に月額料金330円でいいんですか?モバオクさん。

モバオクをメルカリよりおすすめする理由

最後に、メルカリにはないモバオクの利点をまとめます。

☆月額324円で、それ以外の販売手数料が無料。
☆売上金がその都度、手数料0円で入金される。
☆出品期間の期限があり、出品商品の回転が良い。

デメリットは、

★ユーザー数が少なく、ウォッチ数はメルカリよりかなり落ちる。
★商品説明の訂正が簡単にできない。
★期間が過ぎたら、再出品の作業が必要。

です。

さて、モバオクで初売上となりますでしょうか!

メルカリでの動きがここ数週間なかったので、一部の在庫を出品停止にして、モバオクの方に出品してみました。(万が一に備えて、同一商品の掛け持ち出品は控えています。)
比較検討するには絶好の機会です。

停滞期は新しい手段への模索期です。

みなさんも楽しいお小遣い稼ぎライフをお過ごしください♪
※500円プレゼントキャンペーンは現在終了しています

モバオク

★参考書籍★

★フリマ出品者御用達★




★モバオク公式Twitterもチェック!★

タイトルとURLをコピーしました