楽天ふるさと納税で実質0円で返礼品を受け取る方法

ポイ活
この記事は約9分で読めます。

2019年が明けて一か月以上が経過し、今年度分のふるさと納税の手続きをされた方も多いと思います。

今回は楽天メンバーが、楽天のふるさと納税を利用して実質0円で寄付を行う方法です。

スポンサーリンク

そもそもふるさと納税は、やらないほうが損!

断言します。

ふるさと納税は、やらないほうが損です。

私がここまで言い切れるのは、我が家が遅ればせながら、昨年2018年に初めてふるさと納税を経験したからです。
ふるさと納税が始まったのは2008年からです。ニュースで度々耳にしたことはあるものの、我が家とは関係ない制度だと思っていました。

詳しく調べる前のふるさと納税のイメージ

・お金に余裕がある人がやること
・応援したい自治体がある人がやること

納税という名の「寄付」行為なので、地元を愛し地元に住み続けている私にとっては、関係のないことだと思っていました。

寄付した分のお金は、税金計算の対象外になるということはなんとなく分かっていました。
しかし、1万やそこらが対象外になったところで、税金に換算するとたいしたことないだろうという思いと、そのために確定申告をする手間を考えたら「そこまでしてやる意味あるのかな?」とも思っていました。

「いろんな自治体にたくさん寄付して、税金対策を行いたい一部のお金持ちがすること。」
そんなふうに思っていたのです。

これこそ無知の知。
知らないままでいることが、人生においてどれだけ損を生み出すかということを、身にしみて感じました。

ふるさと納税について周りから教えてもらったり、ネットで調べたりしていくうちに、今まで自分が抱いていた大きな誤解に気がつくことになりました。

過ぎてしまった損失は過去の祭りです。
10年前の私に言ってやれるとすれば、「もっとニュースに興味を持ちなさい!」ということです。

ふるさと納税の分かりづらさ

ふるさと納税は、やった人だけ得をする制度です。

総務省のホームページには、ふるさと納税について説明してくれています。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト
ふるさと納税で日本を元気に!ふるさと納税の意義や納税制度、ふるさと納税の制度改正についてご案内いたします。

毎年1月~12月を一区切りにして、ふるさと納税した分の金額が翌年の納税額の控除対象になります。自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象です。

ハイ、もうこの時点で私にはワケが分かりませんでした。

一般的な会社勤めで、税金も社会保険もすべて給料から天引きされている人にとっては、「控除」という言葉を聞いてもピンとこない人が多いでしょう。

普通に生活していさえすれば安定した収入を得られて、風邪をひいても3割負担で病院に通うことができ、順調にいけば65歳を過ぎたら年金を手にできる立場の人。

一見幸せな人生のようですが、安定していなくても世の中の仕組みを知ることで、より豊かな生活を送っている人たちがたくさんいることを、知らない人も多すぎるのです。
まさに安定ボケですね。

不本意ながらも安定から身を退いた私にとって、「なんとしてでも元いた環境よりも豊かになってやる!」という思いが、お得情報に貪欲になる糧になっています。

お手本となる存在は身近にいました。
長年自営業を営んでいた私の両親です。

「公務員」「有給」「生活保護」といった言葉を、極端に毛嫌いしていた両親。
自営業がどれだけ世の中からの信頼を受けづらく、あらゆる社会保障制度の中で不利な条件を突きつけられているか?と、 ことあるごとに聞かされていました。

両親は世の中に対して吠えると同時に、そんな世の中で自営業として生きる選択をした覚悟と決断もしっかり持ち合わせていました。
永い自営業生活に幕を閉じた昨年には、キャッシュで一戸建てを建築し、現役中に購入していた不動産の家賃収入で、自営業者のわずかな年金にプラスした老後生活を過ごしています。

我が親ながら「尊敬」の一言。

質問をすれば、「保有していた株のこと」「現役時代に行っていた税金対策のこと」「不動産のこと」などなど、リアルな話をたくさん教えてくれます。

「得する話」にはなかなか飛びつかない両親ですが、「損をしない話」については勉強熱心です。
お国に敵対心があるので、払わなくてもいいお金は1円も出すつもりはありません。
そのための「抜け道」を模索し続けた人生の深みには、凄みすら感じます。

両親の話で脱線してしまいましたが、要するに、どれだけ知るための努力をした人が得をするかということをお伝えしたかったのです。

ふるさと納税が得する仕組み

ふるさと納税がただの寄付金ではないということを、改めて紹介していきます。

「ふるさと納税した分の金額が翌年の納税額の控除対象になります。自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象です。」

ここの部分ですね。

控除というのは、 ある金額から一定の金額を差し引くことを言います。
つまり1万円ふるさと納税をしたとして、2000円を引いた8000円が税金の計算から差し引かれるということです。

まだ「なんだそのくらいの話?」と思いますよね。
多額の金額をふるさと納税に使える人ならまだしも、一般のサラリーマン世帯ではたいした控除額にはならなそうです。

では、2000円の負担額で1万円相当の商品をもらえるとしたらどうでしょう?
注目すべきはここなのです。

ふるさと納税で応援したい自治体に寄付金を支払うと、納税額に応じた返礼品がもらえるということはよく聞く話です。

以前までの私なら、実際は1万円を払って、チョット贅沢な特産品を買う制度だと思っていました。
わざわざ他の自治体にお金を払って豪華な返礼品をいただいたところで、 普段であればそこまでお金を払って自宅用には買わないものばかりです。

ではなぜふるさと納税が、やった人だけ得する仕組みなのでしょうか?

「1万円ふるさと納税をしたとして、2000円を引いた8000円が税金の計算から差し引かれる。」

もう一度この部分に注目です。

この文章を別の表現に置き換えてみましょう。

「1万円ふるさと納税をしたら、2000円を引いた8000円が所得とはみなされなくなるので、まるまる戻ってくる。

どうですか?
なんだかお得臭がぷんぷんとしてきませんか?

働いた報酬の数%をしっかりと徴収されてしまうこの社会で、ふるさと納税として使った分のお金から2000円を引いた額は、まるまるそのまま現金として返してくれる仕組みなのです。

つまり、40キロ分のお米も松阪牛もたったの2000円で購入できるのと同じなのです。一度1万円を納めるかどうかの違いなだけです。
この事実を知った時は、「そういうことだったのか!」と驚愕しました。
と同時に、「どうしてもっと直接的な表現をして、わかりやすく国民に知らせないのか?」とも思ってしまったほどです。

でもやっぱりふるさと納税は面倒?

ふるさと納税のサイトを利用すれば、自分で確定申告する必要はありません。

・ふるさと納税する自治体を5つまでに納める
・元々確定申告をする必要がない

このような人はワンストップ特例制度が適用されて、その都度必要書類を提出すれば確定申告をする必要がありません。

さらに「ふるさとチョイス」「さとふる」を代表するようなふるさと納税専用サイトを利用すれば、必要事項をフォームに入力するだけで、手続きを完結させることができます。
自分で行うことは、前年度の所得額を調べることぐらいです。ネットで自分のふるさと納税の控除上限額を、シュミレーションすることもできます。

※控除上限額は、住宅ローン控除や医療費控除がある場合は計算が変わります。
また、独身と共働き・夫婦のみで配偶者控除あり・16歳~19歳の子供あり・年金暮らしの夫婦などの違いでも計算の仕方が変わります。

また会社にわざわざふるさと納税の申告をする必要もありません。ワンストップ特例制度か自分で確定申告を行えば、会社には全く関係のないことです。

実費2000円で高価な返礼品を受け取ることができて、さらに手続きがネットで簡単にできる!となると、ふるさと納税やってみようかな?と重たい腰が上がる人もいるのではないのでしょうか。

いえ、むしろ腰は上げるべきなのです!
年間数万円も得するチャンスを、みすみす見逃しているのと同じなのですから。

村上世彰さんの言葉に次のようなものがあります。

「誰にでも幸運を手にするチャンスは訪れる。でも、幸運がやってきても、何の準備もしておらず、その幸運をなんとか自分のものにする努力をしなければ、幸運は逃げて行ってしまうし、もしかしたら幸運が訪れていたことにさえ気がつかないかもしれない。」
~「マネーという名の犬」 まえがきより~

楽天家族は楽天市場でふるさと納税を

楽天カードの会員は、ポイント10倍のタイミングでふるさと納税の手続きを行うと、実質無料で返礼品を受け取ることができます。

通常の楽天市場でのポイント還元率は、100円につき1ポイントです。
1万円のふるさと納税をチョイスしたとして、キャッシュバッグされる金額は100円
これを年に数回行われるポイント10倍のタイミングで購入すると、1万円分のふるさと納税で1000円がキャッシュバックされます。

一般的なサラリーマン家庭を例にして、年間3万円をふるさと納税に使ったとします。
楽天カードを使ってポイント10倍の時に楽天のふるさと納税から購入すれば、3000円分の楽天ポイントが付与されます。

ふるさと納税の自己負担が2000円であることを考えると、楽天カードを利用するだけで、実質無料(むしろプラス)でふるさと納税を行うことができます。

さらにお得情報の諸先輩方の達人ブログを拝見すると、15~30%の還元率を狙う裏技もあるようです。

夢が広がりますね♪

お得情報って、知れば知るほどさらに新しい情報が入ってくるものなのです。
せっかく楽天カードを持ったので、楽天カードの強みを最大限に活かしたお得生活を、これからも見つけて行きます。

皆さんもぜひ、ふるさと納税やってみてくださいね。

★気になるニュース★

加熱するふるさと納税の返礼金合戦に対し、総務省が2019年から法律を改正する予定です。
還元率が3割を超える地場産品ではないもの は、寄付控除の対象から外すという法案です。
今後、 Amazonギフト券や航空券とお得に交換していた人には痛手ですね。
この法案は2019年の6月1日以降の寄付金から適用される予定です。
高額還元を狙っている人はお早めに!

★参考サイト★

私がいつも拝見しているサイトがこちらです!

ノマド的節約術https://nomad-saving.com/

ブログを書くようになってから、その全てがとても勉強になるサイトで、たくさん刺激を受けています。

★おすすめ本★

タイトルとURLをコピーしました