楽天チェック・街中でリアルマネーを手に入れよう!

楽天サービス
この記事は約4分で読めます。

ポケモンGOにドラクエウォーク。散歩しながらレベル上げをしていくスマホゲームが流行っています。
現実世界のマップとバーチャルが融合しているところに魅力を感じますよね。

とはいえ、ソシャゲではどんなに歩いても得られるのは、ゲーム上のアイテムだけ。「あ〜あ、これが本当のお金だったらな。」と思っていたら、ちゃんとありました。

それが「楽天チェック」です。指定されたチェックポイントにたどり着けば、楽天ポイントが付与されるアプリです。

この記事では、歩くほどにリアルマネーにつながる楽天チェックについて紹介します。

楽天チェックの仕組み

楽天チェックは、提携しているお店に立ち寄って、指定されたスポットに端末を近づけると楽天ポイントがゲットできるアプリです。
そのお店で買い物をしなくても、アプリだけ参加することができます。

とはいえ、指定ショップがカフェや飲食店の場合は、なかなか注文せずに端末操作だけするのは気が引けます。
お店側も利用してもらうために楽天と提携しているので、あまりにも無銭ポイ活ユーザーが増えてしまうと、サービスを打ち切ってしまうかもしれません。
なので、なるべく飲食を利用するついでにポイントゲットする方が気兼ねがないでしょう。

楽天チェックの対象店舗

とはいえ、楽天チェックの加盟店で有名なローソンは、比較的無銭で参加させていただくだけでもやりやすい環境です。
ローソンではだいたいロッピーがコピー機周辺にスポットがあるので、さりげなく店内を回遊しながらポイントゲットできます。

逆に飲食店などは、レジ付近にスポットがあることが多いため、注文品がない限り近寄りづらいです。
しかし中には店の入口に向かってレジがあるお店もあり、ショッピングモールなどにある入り口ドアがないショップだと、お店の前で遠巻きに立っているだけで楽天チェックに参加できたりもします。

他に気軽に楽天チェックを楽しめる場所は大丸百貨店。店内の指定されたスポットには目印があり、誰の目も気にせずポイントをゲットできます。
スーパーや家電量販店内にある楽天モバイルショップなども、やりやすいお店ですね。

ただし、楽天チェックと提携しているお店は増えるどころか減ってきている傾向にあるので、サービス自体が今後打ち切りにならないよう願うばかりです。

楽天チェックのスポットの探し方

どこが楽天チェックの対象店なのかを、自力調べるのは困難です。いつのまにか提携が終了しているお店もあるので・・・。

そこで楽天チェックでは、位置情報から最寄りのスポットが一覧になって出てくるようになっています。
この一覧表示の便利なところは、実際にポイントが付与できるお店だけが表示されることです。

というのも楽天チェックでは、お店によって1日や1か月のポイント付与上限が決まっていることがあるからです。
例えばローソンだと、1日3回が楽天チェックを行える上限です。上限に達していれば、近くにローソンがあっても表示されることはありません。

※逆に同じローソンでも時間をあければ、朝と夜で2回できる時もあります。

街を歩いている時や待ち合わせの時間つぶしなど、近くに楽天スポットがないか見てみると楽しいですよ♪

楽天チェックの種類

楽天チェックには、「くじ」「来店ポイント」の2種類があります。

くじは、チェックポイントに近づいてマークをタップすると、画面上にカードくじが出てきます。

その中の1枚をひいて、出たポイント数が楽天カードに付与されます。

来店ポイントは、楽天チェックの画面をスタンバイした状態で指定された場所に近づくだけで、ポイントがゲットできます。一度に10ポイントをプレゼントしてくれるお店もあり、見逃せません。(たとえ何も買わなくてもです)

自分が毎日通る場所に楽天チェックのスポットがないか?新しく出かける先にお得なスポットはないか?のチェックが楽しくなります。

楽天チェックのポイントが付与されるタイミング

楽天チェックでゲットしたポイントは、翌日には楽天カードに反映されます。
ゲーム感覚でもらったポイントが、翌日にはすぐお買い物に使えるなんて嬉しいですね♪

特に都市部に住んでいる方は、楽天チェックができるお店も多いでしょう。
楽天チェックポイントをウォーキングコースにするのも、実用的ではないでしょうか?

また観光スポットと提携して、スタンプラリー的に楽天チェックを楽しめるイベントもあります。

ぜひ楽天チェックでリアルマネー貯金を体験してみてください!→楽天チェックアプリ

タイトルとURLをコピーしました