楽天ポイントのランクは本当に上げた方が得なのか?

ポイ活のコツ
この記事は約7分で読めます。

楽天ポイントには、利用状況に応じてランク制度が設けられています。

これは「楽天ゴールドカード」のようなカード自体のステイタスのことではなく、付与されたポイント数が計算されてランクが変動していきます。
つまりポイ活を頑張ったユーザーほど、楽天ポイントのランクが上がっていくというわけです。

そこでこの記事では楽天ポイントのランクが上がれば、どのようなメリットがあるのか?について検証していきます。

楽天ポイントのランク条件

まずは楽天ポイントのランク条件についておさらいしていきましょう。
楽天ポイントサービスを始めたら、まずはみんなレギュラーランクからのスタートです。

ちなみにクレジットカード機能付きの楽天カードがなくても、このランク制度には参加することができます。

※以下は過去6か月の履歴が計算対象です

☆レギュラーランク~通常
★シルバーランク~2回以上の獲得で、ポイント保有が200P以上
☆ゴールドランク~7回以上の獲得で、ポイント保有が700P以上
★プラチナランク~15回以上の獲得で、ポイント保有が2000P以上
☆ダイヤモンドランク~30回以上の獲得で、ポイント保有が4000P以上
           (ダイヤモンドのみ楽天カード保有が条件)

「獲得」という表現が分かりづらいですよね。
獲得とは、楽天ポイントがつくお店でカード(アプリ)を提示して楽天ポイントを付けてもらった回数や、各種サービスでポイントを付与された回数のことです。

例えばシルバーランクに格上げするためには、6か月以内に200ポイント以上付与された実績が必要なので、最低でも20000円以上の買い物をした人が対象です。(アフィリエイト収入など例外もあり)1か月あたり3333円ですね。
さらに6か月以内にたった1回の買い物で2万円以上でもダメで、2回以上ポイント獲得の実績がないといけません。

ざっくりと半年間に必要な買い物の回数と合計金額で見ていくと、

★シルバーランク~2回以上の買い物で、2万円以上
☆ゴールドランク~7回以上の買い物で、7万円以上
★プラチナランク~15回以上の買い物で、20万円以上
☆ダイヤモンドランク~30回以上の買い物で、40万円以上

となりますね。(買い物だけがポイント獲得の対象ではないので、あくまでも目安です)

もしも大きい買い物が多い人はあえてお会計を分けたりすることで、獲得回数を稼いでいく方法があります。

※ランクをキープするための条件も上記と同じです。過去6か月間の実績トータルが常に判定基準です。

楽天ポイントランクが上がるほど得なのか?

さてここからが本題です。

本当にランクが上がるほどお得な特典は増えていくのでしょうか?
ランクを上げるためだけに買い物を重ねるのは、かえって不経済なような気がします。

ここではランクごとに違うサービスについて紹介します。

誕生日ポイント

楽天公式より

こちらはランクごとに付与される誕生日ポイントの一覧です。
誕生日月に付与される楽天ポイントで、ランクごとに差がありますね。
※メルマガ受信設定など、ポイント付与には条件がある場合があるので注意してください。

キャンペーンポイント

楽天にはエントリーすることで、高ポイントをゲットできる案件がたくさんあります。
このポイント数が同じ条件のキャンペーンでも、ランクによって差があります。
例えば以下は楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」の新規登録キャンペーンです。

一般ユーザーとゴールドランクでは、100Pの差がありますね。
もしも何か新しく楽天サービスを始めたい時には、楽天ポイントクラブアプリから「ランク優待」をタップして、対象のサービスが載っていないかを確認してみましょう。

楽天ポイントランクの獲得回数対象サービス

楽天ポイントのランクを上げるには、ポイントの獲得回数も重要になることがわかりました。

では、どのサービスが獲得回数に含まれるのでしょうか?
以下は楽天サイトに掲載されている対象サービスの一覧です。

楽天公式より

なんだかいっぱいありすぎて覚えられないですね・・・。
ここでも自分の過去の実績が、ランクアップ獲得の対象だったのかどうか?を知るには、楽天ポイントクラブアプリが役に立ちます。

ポイント獲得履歴の中に、「会員ランクアップ対象」の黄色いメダルマークが付いているのが目印です。

また、以下の手順でランクアップ対象案件だけを絞り込んで確認することもできます。

「ポイント実績」から「ランクアップ対象」をタップすると、対象案件だけが一覧になって出てきます。

見ていくと、買い物せずに付与された楽天ポイントはランクアップ対象外のことが多いです。
楽天インサイトでアンケートに答えたり、楽天チェック楽天ポイントスクリーン、ラッキークジなどでゲットしたポイントが代表ですね。

一方で自分で買い物はしていなくても、楽天アフィリエイトで獲得したポイントはランクアップ対象でした。自分に替わって他の方が楽天にお金を払ってくれたわけですからね。

分かりやすい覚え方としては、
お金を発生させて獲得したポイント→ランクアップ対象
と捉えておいてよいでしょう。

※ただしアフィリエイト要素がある楽天ルームで発生したポイントはランクアップ対象外でした。

楽天ポイントランクは家族カードも対象?

楽天カードを保有している人には、家族カードを追加で作っている家庭も多いでしょう。

我が家も主人が親カードで、私が追加で家族カードを持っていますが、お互いの楽天ポイントランクはバラバラです。

つまり家族カードもランクアップに参加できますが、お互いの実績は合算されないという仕組みです。あくまでもカード単体ごとの利用状況に応じて、ランクアップが決定します。
カードの名義ごとにポイ活実績も違うわけですから、当然といえば当然ですよね。

ちなみに家族カードをランク判定に紐づけするためには、楽天eナビに登録することが必要です。家族カードを発行したら、まずは楽天eナビに登録することを忘れずに行いましょう。その際に、起こりがちなトラブルエラーについては、こちらの記事でも紹介しています↓

楽天eナビに家族カードを追加できない意外な理由~お得大好き主婦の格闘~
自分名義の楽天カードを持っている人が、新たに家族カードを追加する時には、楽天eナビへの登録方法について注意点があります。

楽天ポイントランクの重要性~まとめ

楽天ポイントのランクは、高いに越したことはないことがわかりました。
かといって、そのためだけに獲得予定ポイント以上のお金を消費してしまっては本末転倒です。

日常生活の範囲内で獲得回数だけ増やす工夫を意識する程度におさめておくことが、楽しいポイ活のコツかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました