こんなに貯まっていいの?!楽天レシピで月に最低1000ポイントは稼ぐ方法

ポイ活のコツ
この記事は約8分で読めます。

楽天レシピにハマっています。なぜなら、楽天サービスの中でもこんなに効率的に楽天スーパーポイントを獲得できる方法はないからです。

正直もっと早くに知っていれば・・・と思うほど悔やんでなりません。
でも今からでも遅くはないですよ!

今回は楽天レシピで月に最低は1000ポイントをためていく方法と、ちょっとズルいけど確実に小さなポイントを積み重ねていく裏技などを紹介していきます。
合わせてこんなレシピは差し戻されますよ~という情報までお伝えしていきますね♪

楽天レシピに向いている人

楽天レシピの基本的な情報については、こちらの記事を参照にしていただけたらと思います。

その上で楽天レシピが苦ではない人とめんどうに感じる人は、くっきり2手に分かれてしまうかもしれませんね。
ハッキリ言って日常の忙しさは関係ありません。なぜならフルタイムで働きながらバリバリ家事や子育てに勤しんでいるユーザーも、多く楽天レシピの常連だからです。

つまり楽天レシピでポイントを稼ぐことができる人は、

とにかくマメな人

です。これに尽きますね。

普段の生活でちょこちょこ写真を撮ったり、隙間時間に文章を入力することが負担ではない人です。お料理が好きというより、国語が好きな人に向いているかもしれません。
もっともポイ活でマメにスマホに向き合うことが好きな人には、楽天レシピは全く苦ではないと思います。

楽天レシピでどのくらい稼げるのか?

こちらは10日間楽天レシピを試してみた私の「マイページレポート」です。

10日間で獲得予想ポイントが1230Pです!なかなかの進捗だと思います。
具体的にどのような方法でポイントをためていったのか、内訳を紹介していきます。

楽天レシピ~オリジナルレシピの投稿

まず1230Pのうち、自分でレシピを投稿したのは21件です。
承認して公開されたレシピは1件あたり50ポイントが付与されるので、
50P×21件=1050Pです。

10日間で20件以上もレシピを投稿?と思うかもしれませんが、1日あたり2個。
弁当のおかずでも夕飯のおかずでも、どれか2品ピックアップして写真に収めておけば1日2件はイケるものです。慣れてくれば1つのレシピを投稿するのに3分かかりません。(作る工程の写真を載せていないユーザーもたくさんいます!)

中には、「ありきたりな料理ばかり作ってるから、とてもレシピを載せるほどでも・・・」という人もいるでしょう。
大丈夫です!あなたが日常で自己流で作っているメニューであれば、それをそのまま文章にするだけです。何かのレシピの丸パクリでなければ、それでいいのです。

楽天レシピ~つくったよレポートの投稿

楽天レシピに掲載されているレシピを真似て作った料理を写真に撮っておけば、10ポイントを獲得できるチャンスです。
私の場合ちょっと頑張って、10日間で17件投稿してみました。

10P×17件=170Pです。

つまり自分で考えたレシピ以外を、「つくったよレポート」に回せば小さなポイントを積み上げることができるワケです。
「白菜があるな。あと1品何か作れないかなあ。」と思った時には、ぜひ楽天レシピの他のユーザーのレシピを参考にしてみてください。
出来上がりをパシャっと撮って、投稿者さん宛にレポートを送って承認されれば10ポイントを獲得できます。

つくったよレポートの注意点!

「つくったよレポート」は受け取った方にも10ポイントが入るので、ほとんどのユーザーさんはレポートを承認してくれます。
ただしマレにいつまでも承認してくれないユーザーもいます。

おそらく楽天レシピに長期間ログインしていないユーザーか、中には退会しないままもう楽天レシピは辞めてしまっているユーザーもいます。
せっかく作ったのに投稿者さんに気付かれないままなのは、寂しいですよね。

なので「つくったよレポート」を送る時には、必ずそのレシピの投稿日時を確認するようにしてください。仮にそのレシピ自体の公開日時が古くても、そのユーザーさんの最新レシピの投稿が最近のであれば安心です!

ほとんどの方は3日以内には承認してくださいますが、私も2件ほど「返事まち」の状態の方がいました。このお2人の最新レシピ更新日は1年以上前でした。
「つくったよレポート」で確実にポイントを獲得したい場合は、1か月以内に最新レシピを更新されている人に絞るようにしましょう。

つくったよレポートの裏技!

とても真面目な方であれば、レシピ通りの同じ材料・同じ分量で作ったレシピしか「つくったよレポート」を送れないと思われている方もいるかもしれません。

そんなことはありません。その方のレシピを参考にして作ったものであれば、多少アレンジを加えてもちゃんとつくったよレポートとして承認してもらえます。

さらに言うと・・・

作った後に似たようなレシピを検索して「つくったよレポート」を送る方法も、できないことはないのです。(←あえて小さな字にしています)

つくったよレポートは、「我が家も同じレシピで美味しくいただいています♪」という共感の場でもあると思います。どう賢く活用していくかは、やり方次第ですね。

楽天レシピ~つくったよレポートの承認

10日間で私のレシピを再現してくださったありがたいユーザーさんが1名いらっしゃいました。とても嬉しいですね。
もちろんすぐに承認。これでお互いに10ポイントが付与されます。

採用されたのは、簡単に手間なくできる時短レシピでした。一度公開したレシピは削除しない限り永久にポイント獲得のチャンスが続くのが嬉しいですね。

楽天レシピではどんなレシピが差し戻しになるのか?

楽天レシピでレシピを投稿してから承認されるまでの時間は、3~5時間以内がほとんどです。
しかしなかなか公開済にならないな・・・とチェックしてみると、差し戻しメールが届いていることがあります。

このようにメール受信設定をしておけば、差し戻しの理由が親切丁寧に書かれています。
AIではなく人の目でしっかり1つ1つのレシピをチェックしているなぁいうのが印象です。

ではどのようなレシピが差し戻しになるのでしょうか?実際に私が指摘を受けた事例を紹介します。
※そもそもテキトーすぎるレシピや誰かのパクリ、レトルトカレーをあったかいご飯にかけるだけ~のようなレシピは却下されます。今回はそれ以外の事例についてです。

差し戻しレシピその1~分量があいまい

「しょう油 お好みの量」「塩コショウ 適宜」「砂糖 材料の量による」
といった表現を1つのレシピで多用するとアウトになります。
この場合、正確な分量を書き直して再投稿すると承認されます。

差し戻しレシピその2~卵が爆発する可能性

生卵をレンジでチンするレシピを載せました。その際、「爆発の可能性があるので、黄身に穴を開けておくなどの対処方法を記載してください」という提案をいただきました。
このように調理する上で爆発や破裂、火傷の危険性があるレシピに関しては忠告が入ります。
例え普段なんの対処をしていなかったとしても、再投稿するには「もしもの事態」を想定した文章を付け加えるようにする必要があります。

差し戻しレシピその3~材料記載もれ

豚丼のレシピを投稿した時に、うっかり材料に「ご飯」を記載するのを忘れていたのです。
当たり前すぎるようなこともしっかりと書かないと、レシピとしては成立しません。
その後「ご飯 〇〇グラム」と材料に書き足して、無事承認されました。

以上が私が体験した差し戻し理由です。これだけしっかり指摘していただくと、かえって他のレシピにも責任を持っている感が伝わってきて安心ですね。
そして指摘された箇所を訂正して再投稿するだけなので、1からレシピを書き直す必要はありません。とても行き届いたサービスだと思います。

楽天レシピで確実にポイ活実績を積み上げる方法~まとめ

マメな人であれば、楽天レシピに自前の料理を紹介することはとても簡単です。
できれば工程写真も載せたり、写真の見栄えや分かりやすい文章にしていくことでフォロワーが増えるかもしれません。
そしてフォロワーが増えれば「つくったよレポート」の数も増え、さらに楽天ポイントを獲得していくことができます。

一度作ったレシピで何度も収入を得るチャンスがあれば、不労所得の理想的な流れになっていきますね♪

仮に1日1回レシピを投稿したとしましょう。
50ポイント×30日=1500ポイント

そして3日に1回のペースで「つくったよレポート」も投稿していけば、
10ポイント×10日=100ポイント

トータルすれば仮に「つくったよレポート」をもらえなくても、1か月で1600円分の楽天ポイントは獲得することができますね♪
1年に換算すると19200円!

特別なことは必要ありません。普段通りの家事の中から、お金に替わりそうなメニューを切り取っていくだけの作業です!家事で料理しても誰もお金はくれませんが、楽天レシピなら報酬に変わるのです!!

私も!と思う方はぜひ、楽天レシピ 会員登録を始めてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました