楽天ウェブ検索で毎日どのくらいの楽天ポイントがたまるのか?

楽天サービス
この記事は約7分で読めます。

今回は楽天ウェブ検索(旧楽天ツールバー)の紹介です。

楽天ウェブ検索は、普段の検索バーを楽天ウェブから行うことで、自動的に楽天ポイントがたまっていくサービスです。

では実際にどのくらい検索したら、何ポイントくらいがたまっていくのでしょうか?そもそも楽天ツールバーの使い勝手はどうなのでしょうか?
この記事で具体的に解説していきます!

楽天ウェブ検索~まずはアプリをダウンロード!

ものはためしに、まずは楽天ウェブ検索のアプリをダウンロードしてみましょう!

というのも、アプリの評価にはあまりいいことが書かれていないんですよね・・・。
どうやら突然のアップデートで使い勝手が悪くなってしまったと感じるユーザーもいるようです。

それもそのはず。たいていの人はもともとサファリやグーグルなど、手慣れた検索サイトを永年愛用してきたわけですから。そういった意味でもポイ活のためだけに楽天ウェブ検索に変えることに、手間対効果を感じない人も多いでしょう。

ただし、逆を言えばただ検索バーを楽天ウェブに変更するだけで微々たるものですが楽天ポイントがたまっていくわけですから、使わない手はないと思います。
あとは慣れ。スマホで1番タップしやすいホーム画面の位置に楽天ウェブ検索アプリを移動しておけば、それなりに違和感なく使える日がくると思います。

楽天ウェブ検索~使い勝手を検証

視覚的にわかりやすく、直感的な操作がしやすいなという印象です。

トップ画面はこんな感じ。

早速何かを検索してみると、30まであるレバーがカウントされていきます。

気になる記事をブックマークしたりする機能もちゃんとついてますよ。

プラス(+)で次の検索を続けていくと、過去に閲覧した画面がそのまま残っていて、再び見たいページが探しやすいです。

開いているページから普通に次の検索ワードを入力すると、今開いているページは上書きされます。
しかし「最近閉じたタブ」から全履歴を確認することはできます。

一方で閲覧履歴を消去することもできますし、

シークレットモードで、閲覧した記録を残さないで検索することもできますよ。(ご安心を)

楽天ウェブ検索~楽天ならではの便利な機能

楽天ウェブ検索は、ダウンロードしたタイミングで楽天会員IDと紐づけが行われます。

したがって楽天ならではの便利な仕掛けが随所で施されています。

例えば、こちら。

ホーム画面下に、残っているポイントミッションが表示されるんです。これはありがたい!タップするだけで自動的に獲得がもれていたポイントをゲットできます。

このように楽天市場のお得なクーポンも随時紹介されていますね。(楽天ウェブ検索では、楽天市場での買い物でポイントが2倍になる特典もあります)

そしてなんといっても普通の検索ツールでは見かけないのが、その日に何回検索を行ったか?が、常に画面上に記されています。

これは、あえて楽天ウェブ検索を行う最大の目的のためです。

楽天ウェブ検索~楽天ポイントが付与される仕組み

楽天ウェブ検索では、1日に125万ポイントが用意されていて、それを検索口数で山分けしてユーザーに付与してくれます。

検索口数とは、検索バーに文字を入力して検索した回数のことです。
ポイントが付与される対象者は、1日5回以上検索を行った人。当然口数が多い方がたくさんポイントがもらえますが、1日のカウント上限回数は30回までです。

とはいえ「山分け」というだけあって、その日にたまたま楽天ウェブから検索する人が少なかったら、割り当てがたくさんあるのかな?と期待してしまいますが、利用者数と検索数はハンパないです。そこまでポイント数は期待できません。

楽天ウェブ検索~検索口数にカウントされる条件

検索口数にカウントされるためには、いくつかの条件があります。
ここではカウントされない事例をいくつか紹介します。

検索ノーカウントその1~テキトーな検索

ポイント欲しさに「あ」「a」など、1文字だけで検索したものはカウントされません。
逆に20文字以上の長い文章も対象外ですし、意味のなさない適当な文字の羅列もはじかれます。

検索ノーカウントその2~開いたページから他のタイトル記事を開く

1つの検索ワードで気になるタイトルのページがいくつかある時がありますね。
このような時に、他のページを開いても検索口数にはカウントされません。
あくまでも開いたページ数ではなく、検索バーに文字を入力した回数がカウントされます。

検索ノーカウントその3~同じ文字を再検索

1日の中で、同じ文字で再び検索した場合はノーカウントになります。
これは検索履歴を消去しても、シークレットタブで検索したワードでも無効です。
ただし、「クリスマスケーキ」「クリスマスパーティ」「クリスマスプレゼント」など、後に続く文字を変えればしっかりカウントされました。

検索ノーカウントその4~似た内容の検索

色々なパターンで検索しながら検索カウントの数字を確認してみたのですが、中には「楽天」というワードで違うことを検索してみても、ノーカウントになることがありました。
例えば、「楽天」と調べた後に「楽天 ポイ活」「楽天インサイト」と入力してみても、検索口数に変動がなかったのです。
ハッキリとした境界線は分かりませんが、まれに「同一ワード」と見なされてしまうこともあるようなので、検索口数レバーの動きを意識してみるようにしてください。

楽天ウェブ検索~1日に付与されるポイントの目安

楽天ウェーブサイトで1日に付与される平均ポイント数は、2~5ポイントです。

色んな先輩ユーザーのお話を伺っても、最高でも5ポイントのようですね。
しかも5ポイントをゲットするには、マックスの検索上限回数30回をクリアしていることがマストのようです。

皆さんは1日にどれだけの回数をインターネット検索していますか?
仮に1日5~6回の検索で、2ポイントが山分けで付与されたとしましょう。
2×30日=60ポイント

検索サイトを楽天ウェブに変えるだけで、自動的に毎月60ポイントが付与されると思えば、なかなか悪くないのではないでしょうか。(※再確認ですが、1日で4回以下の検索ではポイント付与の対象外になります!)

楽天ウェブ検索~楽天ポイントが付与されるタイミング

楽天ウェーブ検索で山分けされたポイントは、5日以内に紐づけした楽天ポイントに付与されることになっています。が、実際には翌日には付与されることが多いです。

さらにこのポイントは期間限定ポイントではなく、期限のないポイントなので嬉しいですね。

検索するだけで楽天ポイントをためることができる楽天ウェブ検索。ユーザー登録を設定すれば、パソコンからのアクセスでもOKです。
ポイ活は習慣化することで、とってもラクに楽しくお得になれます!まだダウンロードしていない方は、実験的にでも試してみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました